コーヒーが皮膚がんリスクを軽減する

コーヒー愛好家にとっての良い知らせは、注意力が高まることに加えて、コーヒーは皮膚癌のリスクを防ぐのにも役立ちます。
毎日コーヒーを飲むことと癌の発生率との関連を見つけるために、アメリカ癌研究所の研究者であるDr.エリク・カロフトフィールドは、10年間で約50万人のデータを調査しました。
この長期研究の結果は、1日に4杯のコーヒーを飲んだ人では、皮膚がんのリスクが20%減少することを示しました。研究は、アメリカ癌研究所の科学雑誌に掲載されています。
また、コーヒーは健康飲料としても知られています。コーヒーを飲むと、目を覚まし、集中力を高め、ストレスや疲労を軽減します。高齢者では、コーヒーを定期的に摂取することで、認知症の症状を軽減できます。
コーヒーの抽出カスは、肌に最適な自然化粧品でもあります。コーヒーカスを利用して、スキンマスク、角質除去、アンチエイジングスキンを作り、肌を若く健康的にすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です